【世田谷相続】相続放棄について|東京コーポレーション株式会社

query_builder 2023/12/17
ブログ
相続HP写真 (3)

こんにちは。


世田谷で相続の物件相談や土地活用の提案など行っております東京コーポレーション株式会社です。



今回は「相続放棄」についてご説明いたします。



相続財産はプラスのものだけに限らず、負の遺産もあります。財産だけ相続して借金は受けつがないというムシのいいことは認められていません。財産といっしょに借金も相続しなければならないのです。

そこで、財産を受けつぐかどうかの判断は相続人に任されているのです。財産を受けつぐことを「相続承認」といい、財産の受けつぎを拒否することを「財産放棄」といいます。


「相続の放棄」は相続人が相続の開始を知ってから3ヶ月以内に、相続権の放棄申し立てを家庭裁判所にします。受理されたら「相続放棄申述受理証明書」を交付してもらえるので、被相続人の残した借金に対して取り立てを受けた場合にもこれに対抗できます。放棄すると、その相続人はいなかったものとして残りの相続人で遺産を分割します。



被相続人が亡くなったときに、財産や負債がどれくらいあるか、すぐにはわからないケースもあります。こんなときは「限定承認」という方法もあります。

相続した資産を限度として、被相続人の借金を負担するという相続の承認です。 この場合は清算したあとに負債が残っていても、支払う義務はありません。 限定承認も、相続開始3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。 しかも、相続人全員が一致して家庭裁判所に申し立てしないと認められません。


相続放棄は、相続人ひとりひとりの自由裁量に任されていますから、1人だけで行ってもかまいません。相続放棄したときは代襲相続はありません。 だから、被相続の子供が相続放棄したとき、その子供、被相続人から見て孫が相続人になることはないのです。


財産を相続しないだけなら、手続きは簡単です。本来もらえるものをほかの相続人に譲るわけですから「遺産分割協議書」を作って相続人全員が署名押印すればいいのです。



今回はここまでです。ご覧いただきありがとうございます。🤓


土地の無料診断や活用方法のご提案、不動産売買のご相談など土地や不動産に関するあらゆるお悩みに経験豊富なスタッフがご対応いたします。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • GW休業のお知らせ

    query_builder 2024/04/10
  • 【世田谷相続】株式保有の相続|東京コーポレーション株式会社

    query_builder 2024/02/11
  • 【世田谷相続】自宅を配偶者に贈与して節税する|東京コーポレーション株式会社

    query_builder 2024/01/28
  • 年末年始休業のお知らせ

    query_builder 2023/12/24
  • 【世田谷相続】生前対策について|東京コーポレーション株式会社

    query_builder 2023/12/20

CATEGORY

ARCHIVE